耳鳴りには原因がある|正しく対処するのがベスト

デジタルの補聴器

看護師

悩みを解消

耳の聞こえに悩みのある人は、生活のあらゆるシチュエーションでもう少しよく聞こえたらいいなと感じています。最近の携帯電話の音が聞き取りにくかったり、音楽をMP3プレーヤーで楽しみたい、外出先で講義の声がもっとしっかり聞きたいなど、さまざまです。以前は耳の聞こえが低下していくと、販売店に相談して補聴器を購入します。当時アナログ補聴器が主流だった時代には、会話音だけでなく周囲の騒音を一緒に拾ってしまい、疲労感が続くことがありました。そんな補聴器の悩みを解消するデジタル補聴器が登場してから、生活をより豊かにする方法が生まれています。販売店に行くと、使用する人の生活環境や趣味、外出が好きかなど、さまざまな問診があります。その人の生活に合わせた聞こえにしたいがために、販売店ではさまざまな知識を提供します。遠慮なく悩みをぶつけてみましょう。

自分に合った聞こえを手に入れましょう

補聴器の発明のきっかけは、難聴者向けに電話の受信機を作ったところから始まっています。現在でも固定電話だけでなくスマートフォンの台頭により、電話の利用率が増え、補聴器での対応も誘導コイルを利用した音の改善が進んでいます。内蔵してある誘導コイルは、電話だけでなく公共施設の磁気ループ席などにも対応ができます。講演を聞きに行く際、磁気ループ席に座ると、床下に設置したループコイルが講演者の声に反応して補聴器に音を呼びこむことができます。また、FM電波を利用した講演もあります。補聴器にFM電波受信機を取り付け、FM電波で発信した講師の声を拾うことができます。音楽を外出先や室内で楽しむ方法に、外部入力ケーブルが付いた補聴器があります。このような機能が必要なときには販売店に事前に話をしておくことで、後から装備を取り付けることができます。自分に合った、充実した聞こえを手に入れましょう。