耳鳴りには原因がある|正しく対処するのがベスト

利用するシーン

医者

相談しよう

補聴器は、その形状や用途によって様々な種類があります。そのため値段にも大きな開きがあります。イヤホンのような形でポケットに入れて使うポケット型の補聴器でしたら3万円程度からありますが、耳の穴の形状に合わせてオーダーメイドするものでしたら30万円から高級なものですと60万円するものもあります。耳の穴に入れてつけていることがわからないような補聴器もあります。いざ販売店で購入する際は、耳鼻科のその販売店でどういったものが販売されているかも知る必要があります。さらに、自分の聞こえの程度をあらかじめ耳鼻科で調べておいたり、どういったシーンで使うかなどを考えておく必要があります。そして販売店の販売員に相談します。

ニーズが高まる

人間の聞こえの問題は人類の歴史とともに始まったと言っても過言ではありません。紀元前400年にはラッパ型の補聴器があったとされています。その後、1500年代から人間の聞こえについての研究がなされました。1700年代から1800年代はラッパ型などが多く使用されました。1900年ごろには電気式補聴器が使われるようになりました。戦後、技術は進歩し、電池型やコードレスのものなど現在に近い形で販売されるようになりました。現在では日本でも全国核の販売店で販売されるだけでなく、アクセサリー型補聴器など、新しいものも次々と世の中に出ています。平均寿命が伸び高齢化社会を迎え、補聴器のニーズは徐々に高まっています。